会社概要COMPANY

ごあいさつ

昭和7年、瀬戸陶磁器業界の需要が見込まれ、さらに原料の珪砂が近隣から供給されることから、珪酸ソーダカレットからの一貫生産メーカーとして産声をあげました。 第2次世界大戦で原料・燃料(重油)は軍需優先により、魚雷の防湿シリカゲル用として、富士宮の国華工業に供給するために特別配給を受けた時期もありました。昭和40年1月に株式会社に組織変更を行い、昭和48年のオイルショックではカレットからの一貫生産という安定供給の強みが発揮されました。

提供された材料に水系シリカ等を含浸させた後、リン系難燃剤等を含浸してシリカに吸着担持する複合効果により、次のような性質を持たせます。

シリカゲルやホワイトカーボン、合成ゼオライトの主原料、合成洗剤や鋳物、紙など様々なものに形を変えて我々の暮らしを支える基礎化学品である珪酸ソーダを柱として、そこから派生する珪酸化学を通じて時代の要請を捉えて着実に歩んでまいりました。これからも小粒でもきらりと光る、社会にはなくてはならない企業として歩んでいきます。

愛知珪曹工業株式会社
代表取締役 加藤 洋

提供された材料を改質する共同プロジェクトを行っています。

会社概要

称号 愛知珪曹工業株式会社
所在地 〒489-0979 愛知県瀬戸市坊金町92番地2
TEL 0561-83-8711
FAX 0561-83-0561
創業 昭和7年(愛知珪曹製造所)
設立 昭和40年1月14日
資本金 4,800万円  
役員 代表取締役 加藤  洋   
常務取締役 加藤 俊二     
取締役 加藤 美子
監査役 宮地 峯子
取引銀行 瀬戸信用金庫(三郷支店)
三菱東京UFJ銀行(瀬戸支店)

沿革

昭和 7年 創業 窯業、洗剤、建材業界への供給を目的に愛知珪曹製造所として発足する。
昭和29年 CO2プロセスバインダー アイセット製造販売開始。
昭和35年 金属脱脂剤 オルソ珪酸ソーダ製造開始。
昭和40年 愛知珪曹工業株式会社設立 資本金200万円
昭和41年 ダイカル鋳型用バインダー KSセット製造販売開始。
昭和42年        愛知珪曹製造所を吸収合併。
資本金 2,400万円
昭和43年 アルカリ反応性染料固着剤製造販売開始。
昭和44年 名古屋カレット株式会社設立 資本金4,500万円
昭和46年 資本金 3,600万円(増資)
昭和47年 珪酸ソーダ4号、特3号 製造販売開始。
昭和48年 資本金 4,800万円(増資)
昭和54年 愛知資材株式会社設立 資本金500万円
昭和55年 土木用特殊水ガラス AK-1、AK-2 製造販売開始。
昭和56年 土質安定剤 アイロック 発売開始
昭和60年 尾張旭市北原山町より瀬戸市坊金町に移転
平成21年  コロイダルシリカ サーフロイド製造販売開始。
平成22年  シリカチタニア光触媒(特許第4408349号、特許第4424905号)製造販売開始
平成23年  溶液型耐久グラウト材 リークストップ製造販売開始。
平成27年 原発工事のため、特許4507339号通常実施権許諾契約締結

アクセスマップ

関係会社

名古屋カレット株式会社
〒489-0011 愛知県瀬戸市針原町34番地
TEL:0561-21-4044
FAX:0561-82-6418

愛知資材株式会社
〒489-0979 愛知県瀬戸市坊金町92番地2
TEL:0561-83-8844
FAX:0561-83-8845

協力会社

協力会社

copyright © Aichi Keisou Co., Ltd. All Rights Reserved.